診療案内

診療内容

当院では、患者さんのお話をよく聞くこと・きちんとコミュニケーションをとることをモットーにしております。患者さんからいつからどんな症状があるのかを具体的にお伺いしたうえで、現在の症状や病気の説明を丁寧に行なうことを心がけております。

治療については、それぞれの症状に合わせて適切に対処をしております。薬剤の処方のほか、舌下免疫療法、局所麻酔を使った簡単な切開手術、症状を緩和するための方法の指導などを行なっております。薬剤の処方に関しては、必要に応じて対症療法としての薬剤のほかに漢方薬の処方もしております。漢方薬をご希望の方は、受診時にご相談ください。

アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など鼻の疾患は喘息や気管支炎と密接な関連があり、鼻の治療は肺・気管支疾患の治療に繋がります。
副鼻腔炎はマクロライド長期投与で完治をめざします。
スギのアレルギーに関しては舌下免疫療法の可能性をご相談します。

アレルギー性鼻炎

鼻の粘膜で過剰なアレルギー症状を起こします。血液検査でアレルゲンを特定し、スギの花粉症による季節性のものについては舌下免疫療法をおすすめしております。

副鼻腔炎(急性・慢性)

ウイルスが細菌の感染によって鼻腔や副鼻腔に炎症が起きる病気です。 膿のような鼻汁が出て、頬や顔面、目の奥や歯の痛みが生じます。慢性については、マクロライド系抗生物質の長期少量投与を行います。治療期間はおよそ3か月ほどです。

嗅覚障害

においを感じなくなったり異臭を感じたりという病気です。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎によることが多く、それに準じた治療を行ないます。
慢性化することもあり、嗅覚の低下は食欲や記憶、生活の質に影響します。

鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

右鼻と左鼻との間にある「鼻中隔」という仕切りが左右どちらかに曲がる病気です。根本的な治療を行なうには外科手術が必要となりますので、提携している大学病院や基幹病院に紹介致します。

腫瘍(悪性・良性)

抗がん剤などの化学療法、放射線療法、外科手術などが必要です。当院では、熟練した専門医のいる大学病院や基幹病院を紹介しております。

耳と鼻、のどには密接な関係があり、耳を治療するためには鼻とのどの治療も必要となります。そのため、耳の症状がある時は、耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。
特にお子様の場合、悪化することがあります。

中耳炎(急性・反復性・滲出性)

発熱してなかなか解熱しない場合は、耳の中に膿がたまっていることもあるため、その場合には切開手術を行ないます。急性中耳炎を毎月繰り返す反復性中耳炎や発熱はしないが難聴が治らない滲出性中耳炎の場合は、局所麻酔をして鼓膜に小さなシリコンのチューブを入れる手術をします。

耳垢栓塞

耳あかが外耳道の奥に詰まり、簡単には取れない状態です。特別な器具や、一回で取れない場合は点耳薬で柔らかくしてから除去します。

真珠腫性中耳炎

鼓膜の一部が奥に入り込み、中耳の喚起状態が悪くなって炎症を起こす病気です。長引くと脳に影響を及ぼすこともあるため、早期治療が必要です。根本的に治療するには外科手術が必要なため、大学病院や基幹病院などに紹介いたします。

難聴

突発性難聴、急性感音性難聴、騒音性難聴、メニエール病などの様々な原因で起こります。1週間以内、できれば2〜3日以内の受診をお勧めします。遅れると治りづらくなります。

良性発作性頭位めまい症・メニエール病・前庭神経炎

めまいの中には命にかかわるようなめまいもあるため、きちんと検査をしたうえで、適切な対応を致します。

急性扁桃炎

細菌に感染して起こる病気です。消炎剤や抗生剤、漢方薬を処方して治療を致します。重症の急性腺窩性扁桃炎の場合や扁桃の周りに膿がたまって口が開かなくなる扁桃周囲膿瘍の場合は抗生剤の点滴治療を行います。

溶連菌感染症

β溶連菌に感染した扁桃炎です。発熱やのどの痛みが出るほか、舌にイチゴ状のブツブツができる病気です。長引いたり再発することが多く、細菌検査をしたうえで10日から2週間の抗生剤投与が必要です。家庭内感染も起こします。

声がれ

保育士やエアロビのインストラクターなど、日ごろから動いたり、重いものを持ちながら発声する職業の方に多く見られる症状です。当院では、投薬やネブライザー(のどに直接薬を噴霧する)のほか、うまく声を使う方法を指導させていただいております。

逆流性食道炎

主に胃腸の逆流により、のどの閉塞感が生じます。漢方を含めた内服薬と生活指導を致します。

腫瘍(良性・悪性)

中咽頭、下咽頭、喉の腫瘍による痛み、声がれや異物感を生じます。特に下咽頭癌は食道癌との重複が多く早期の適切な治療が必要です。

addcess

お気軽にご相談ください

東急田園都市線
「宮崎台」駅より徒歩1分

  • 044-866-4133
    bottom_tel_sp.png
  • WEB予約(iTICKET)WEB予約(iTICKET)
iTICKETからのご予約